JMCAプレートに関するマメ知識

111

昨日、お客様からJMCAプレートに関するお問い合わせをいただきました。「自分のプレートが他のものと違うのですが、これで問題はないのでしょうか?」

ときどき同じような質問をいただくことがありますので、この機会にJMCAプレートについての解説をします。

対象となる法規制は車検証でチェック!

みなさんはご自身のバイクの対象となる法規制をご存知でしょうか?キッチリ把握しているという方は少ないと思います。知らなくてもバイクには乗れてしまいますが、知っておくと多少安心できるので気が向いた時に自分のバイクの車検証を見てください。

車検証の下の部分に「備考欄」があります。規制に関する内容はこの備考欄に記載されています。規制についての説明は当社公式サイトに詳しく記載しておりますのでぜひ確認してみてください。

「マフラーの規制に関するわかりやすいハナシ」

プレートの種類は対象となる規制によって種類が異なります。

JMCAプレートは規制内容によっていくつかの種類があります(JMCAの公式サイトにも掲載されています)。

①平成22年施行、マフラー加速騒音適用車で触媒が内蔵されているマフラー

加速騒音適用車(触媒有り)

②平成22年施行、マフラー加速騒音適用車で触媒が内蔵されていないマフラー

加速騒音適用車(触媒なし)

③平成22年施行、マフラー加速騒音適用車の初期型プレート

加速騒音適用車(初期型)

④平成11年排ガス規制、及び平成13年騒音規制適合車の触媒が内蔵されているマフラー

平成11年・及び平成13年規制適合(触媒有り)

⑤平成11年排ガス規制、及び平成13年騒音規制適合車の触媒が内蔵されていないマフラー

平成11年及び平成13年規制適合(触媒なし)

当社製品で該当するものはこれらのプレートがついています。(これ以外にも古いタイプ色が違うプレートが存在します、詳しくはJMCAのサイトをご覧下さい)

中古品を買う場合には適合年式・型式を要チェックです!

このようにJMCAプレートには様々な種類がありますが、プレートが付いているからと言っても、所有しているバイクに適合するモデルでなければ車検には通りません。正しい年式・型式のマフラーを選ぶようにしてください。

近頃は中古品マフラーもネットオークション等を中心に数多く流通しています。中古品を買う場合には適合年式などの詳細を十分にチェックするよう事をおすすめします。

なお、マフラーの適合に関してご不明な点が有りましたら、何でもお問い合わせください。