シングル?ツイン?どっちがいいの?!

03cb1300twin

この質問、よく尋ねられます。「お好みで選んでください!」これが結論なんですが、それじゃ納得できませんよね(笑)。

シングルタイプ(1本出し)とツインタイプ(2本出し)、見た目もパイプの取り回しもこれだけ違うので当然いろんな部分が異なります。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。

シングルタイプ|スリムなスタイリングとレーシーなサウンド

右側1本出しのシングルタイプは以前、「集合管」と呼ばれていましたが(最近は集合管と言うヒト減りましたね…)、その名の通り4本のエキパイを4-2-1や4-1で集合させたマフラーです。

  1. 圧倒的な軽さ!
  2. からっとしたレーシーなサウンド
  3. スリムなスタイリング

わかりやすく言うと以上のような特徴が挙げられます。とにかく軽いです。たとえば2008~隼の場合、ノーマルマフラー(2本出し)の重さが21.4kg、それに対してオールチタンのワイバンシングルはわずか4.3kg!なんと17.1kgも軽くなります

隼シングル・オーバルDBサイレンサータイプ

隼シングル・オーバルDBサイレンサータイプ

次に音。これは集合方式や車種によって音は異なりますが、からっとしてヌケの良いサウンドを奏でます。レーシーでシャープなサウンドです。

そしてルックス。スリムなサイレンサーを片側に収め、車種を問わずぼってりしたノーマルと比べると格段にスリムでシャープなイメージに変貌します。一言で表すと「軽快な」スタイルになります

ツインタイプ|迫力のサウンドとルックス、そして極太トルク

ツインタイプは何と言っても音も見た目も迫力満点!その特徴は

  1. シングルに比べて重低音サウンドが轟く!
  2. リア周りの迫力は満点!なのに重量はノーマルよりも大幅に軽い
  3. シングルと比べて2~3psアップ、トルク感も増大

ツインはシングルに比べて重低音が響く迫力のある音になります。シングルの迫力がないわけではなく、低音が強調された音がツインの特徴です。

チタンで美しく輝くサイレンサーが両側から出ている姿はボリューム感があり圧倒的な存在感があります。それでも重量は8kg前後。ハヤブサ用ワイバンツインが8.1kgなので、ツインでもノーマルより13.3kgも軽くなります

隼ツイン・オーバルDBサイレンサータイプ

隼ツイン・オーバルDBサイレンサータイプ

性能面ではどの車種においてもシングル+2~3馬力上乗せされています。トルクは数値上で0.1kg-mぐらいの差ですが、実際に乗ってみると数字に表れない部分のトルクの差を感じられます

最後はやはりお好みのスタイル、サウンドで選んでください!

スタイリング、サウンド、性能。どちらもそれぞれにとても魅力的です。その中で性能的にややツインが勝っていますが、決してシングルが非力なわけではありません。性能差はそれほど大きくないと考えるとやはり好みのスタイル、好みのサウンドで選んでいただくのが一番だと思います。

今現在のラインナップでシングルとツインが選べる機種をリストアップしておきます。

  • 98~02 CB1300SF
  • 03~07 CB1300SF/SB
  • 08~ CB1300SF/SB/ST
  • CBR1100XX
  • X4
  • ~07 HAYABUSA
  • 08~ HAYABUSA
  • ~04 GSX1400
  • 07~08 GSX-R1000 (SLIP-ON)
  • 08~ ZZR1400
  • 08 ZX-14
  • ~07 ZZR1400
  • ZZR1200
  • ZZR1100
  • ~06 XJR1300

以上です。マフラー選びに悩んだときはぜひご相談ください!